REGIONAL DEVELOPMENT

酒田市のまちづくり〜コンパクトシティ〜

  • TOP
  • 酒田市のまちづくり 〜コンパクトシティ〜

REGIONAL DEVELOPMENT

まちづくりについて

丸高が官民連携の一旦を担い、
「つながりと調和が織り成す 共創のまち酒田」を目指します

雄大な自然と歴史、文化、そして産業と観光資源が豊富な酒田市。
人口減少が進んでいる昨今、地方では地域活性化が必要不可欠です。
我々は、市中心部に人口を集中させる「コンパクトシティ」を提唱しています。
現在、志を同じとする酒田を愛する者達で「酒田まちなかプロジェクト株式会社」、「NPO法人 元気インターナショナル」を設立し、
行政と連携しながら地域活性化に努めております。

まちづくりについてイメージ画像

01

丸高は行政と連携しながら
人口減少や少子高齢化対策に

恵まれた自然や観光資源、今でも色づく伝統と文化、港湾都市として発展​してきた酒田市。しかし、急速な人口減少と少子高齢化、目まぐるしく環境は変化し、昨今ではコロナウイルスにより、酒田のみならず山形県全体でも、活気が減退しております。そんな過酷な環境の中でも丸高では、酒田市が掲げる『つながりと調和が織り成す 共創のまち酒田』の将来都市像づくりをお手伝いすべく、コンパクトシティを推進しています。
市中心部に人が集まり利便性が向上、そこでビジネスが生まれる。また、交流を産む都市拠点としてだけではなく、郊外や山間地との生活や自然、歴史等の融合を目指す。それを実現することで、今以上に酒田市に住みたいと思う人が増えると考えております。
最終的に、これらの問題解決に繋がると信じ、酒田市のまちづくりに取り組んでまいります。

02

増え続ける空き家を再創、
「負」動産から「富」動産へ

丸高グループ、特に不動産部門のアセット山形では、空き家の有効活用からアプローチをしております。新たに大きく開発をするだけではなく、今使われていない家を有効活用することで、貢献したいと考えております。特に、空き家は所有者様に大きな負担となり、不動産ではなく「負」動産となり得ます。アセット山形が入ることで、その空き家に新たな価値が加わり「富」動産として、地域の活性化に繋がり、所有者の負担も減らせ所得になるお手伝いをしたい。また、空き家が減ることで、新たな人の流れをつくり出していきます。

まちづくりについてイメージ画像
まちづくりについてイメージ画像

03

地域の人も認識していない魅力の掘り起こし

酒田を中心とした庄内は自然環境に恵まれています。そのような環境の中で、古き良き建物やスポットがあります。
しかし、地元の人が意外と知らない、気づいていない魅力があることも確かです。そのような場所を、再認識して掘り出すことで、特徴を際立たせたい。
酒田市や庄内地域には、こんなにいっぱい宝物がある。もう一度、コミュニティの在り方を再編する必要があると考えております。

04

丸高がそれを形にします

庄内地域を中心に活動する丸高では、社会問題や地域再生は、大きな課題だと捉えております。建設業は他業種と比べ、多くの資金を動かせ、経済界や地域の繋がりが強く、その責任は非常に重い。我々が何もしなければ、いずれ庄内地方の活気が失われる。それを防ぐためにも、我々と行政が一丸となり地域の良さを十分に生かした、まちづくりに貢献してまいります。
情勢により求められる内容が大きく変わる今、設計から施工までニーズに答え、理想の「形」 に昇華させる。庄内に住みたい!そう思う魅力的なまちづくりを常に、私たちは提案し続けていきます。

まちづくりについてイメージ画像

CONCEPT

まちづくりのコンセプト